カンバーランド長老キリスト教会

めぐみ教会

東京都東大和市にあるプロテスタント長老派のキリスト教会です

  • 〒207-0023
    東京都東大和市上北台3丁目355-4
    TEL 042-564-0593

    お問い合わせ

  • 降誕節第3主日 マルコによる福音書1章9−11節

    「あなたは私の愛する子」2022年1月9日

     大切な人に一つプレゼントするとしたらあなたは何をプレゼントするだろうか?イエスが受け取ったもの、それは「あなたは私の愛する子」との声かけだった。

    1 天からの「声」

    ナザレから出てきたイエスは年およそ30歳。いわゆる公生涯がここから始まるが、その最初の出来事3つがここに記されている。まずここで大切なのはその順番。(1)洗礼者ヨハネから水の洗礼を受けられた。(2)霊が鳩のように降ってきた。(3)声が天から聞こえた。声が聞こえる前に霊(神の霊)が降ることによってその声が誰であるかが分かった。

    2 「私の愛する子」との声

    声は「あなたは私の愛する子、私の心に適う者」と叫んだ。ここで注目すべきはイエスに向かって「私の愛する子」と、「私の」と語っていることである。父なる神とイエスの親密性を示している。そして父なる神の宣言であった。自分は誰か、という根源的な問いに対する答えがここにある。

    3 「私の愛する子」の呼びかけは1回でなく、二度

    マルコによる福音書9章2節−8節。読んでみよう。そこに「これは私の愛する子。これに聞け。」とある。これは3人の弟子への言葉であった。イエスこそ神の子との宣言が弟子たちになされた。ペトロは後に自分はその出来事の目撃者だ、と語り、それゆえに自分はイエスを証ししている、と語った(ペトロの手紙二1章16節―19節)。ペトロたちが使徒と言われるが、使徒と呼ばれる人はイエスの目撃者だった。

    4 神は私たちの父

    イエスの父なる神である方は私たちの父でもある。パウロはそう宣言した。「あなたがたは、人を奴隷として再び恐れに陥れる霊ではなく、子としてくださる霊を受けたのです。この霊によって私たちは、『アッバ、父よ』と呼ぶのです。」(ローマの信徒への手紙8章14節―17節)。この根拠はイエスが弟子たちの求めに応じて教えた祈りにあるだろう。主の祈りの最初の一節に次のようにある。「天にまします我らの父よ」と。神に向かって「父よ」と呼びかけよ、とイエスは弟子に教えた。イエスの父なる神を「天にまします我らの父よ」と呼びかけなさいとは驚くべきことではないか。つまりこれは、私たち祈る者に向かって神が「あなたは私の愛する子だ」とみなしてくださっている、ということである。神はイエスに向かって「あなたは私の愛する子」と告げたが、それと同じように今神は私たちに向かって「あなたは私の愛する子」と呼んでくださっている。

    父なる神を信じよう。父なる神は人生の絶望の部屋に閉じこもる私たちを神の平安のもとに連れ出してくださる。父なる神は劣等感の部屋に閉じこもる私たちを神の恵みのもとに連れ出してくださる。繰り返し言うが、イエスに「あなたは私の愛する子」と言われた神は、あなたをも「あなたは私の愛する子」と言ってくださっている。「平和を造る人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」。家庭に、そして社会に平和を造る者として私たちは遣わされている。あなたは一人ではない。

    TOP